Myriel

 近代家族の成立と終焉


【 書 名 】近代家族の成立と終焉
【 著 者 】上野千鶴子 【出 版 社】岩波書店 【発 行 年】1994年 【 価 格 】2200円 【KeyWords】家族、歴史 【 内 容 】(目次)  I 近代家族のゆらぎ   一 ファミリィ・アイデンティティのゆくえ   二 女性の変貌と家族  II 近代と女性   一 日本型近代家族の成立    付論 「家父長制」の概念をめぐって   二 家族の近代   三 女性史と近代  III 家庭学の展開   一 「梅棹家庭学」の展開   二 技術革新と家事労働  IV 高度成長と家族   一 「母」の戦後史   二 「ポスト思秋期」の妻たち  V 性差別の逆説   一 夫婦別姓の罠   二 生きられた経験としての老後   三 「女縁」の可能性   四 性差別の逆説――異文化適応と性差 【コメント】  ここ数年に上野千鶴子さんが書いてきた論文を集めたものです。  前著『家父長制と資本制』よりも、こちらの方が、オリジナルの調査・研究な ので読みごたえがあると思いました。特に、歴史関係の論考は、これまで上野さ んって歴史に弱いのでは(失礼)と思っていたその思い込みを、みごとに吹き飛 ばすに十分なものでした。一次資料を駆使して書いた論文がいくつもあります。  おすすめの一冊です。 (1994/04/29)


This page written by TAKAHASHI, June (june.takahashi@nifty.ne.jp)