Myriel

 女性状無意識 


【 書 名 】女性状無意識 テクノガイネーシス ---- 女性SF論序説
【 著 者 】小谷真理 【出 版 社】勁草書房 【発 行 年】1994年 【 価 格 】2987円 【KeyWords】文学、サイバーパンク、セクシャリティ 【 内 容 】(目次)  Introduction : 女性SF論序説  I セクシュアリティ   Chapter 1. 母と娘:母娘の肖像       (タニス・リー『銀色の恋人』)   Chapter 2. 出産(リプロダクション):接続された出産       (ティプトリー Jr.「接続された女」)   Chapter 3. 女性性器:ヴァギナ状エイリアンの詩学       (コニー・ウィリス「わが愛しき娘たちよ」)  II 他者たち   Chapter 4. サルSF、あるいは霊長類的フェミニズム:アイちゃん・イン・        ザ・スカイ       (ターザン、バロウズの火星シリーズ、『猿の惑星』、ほか)   Chapter 5. 両性具有:父権制下の両性具有       (アーシュラ・ル・グィン『闇の左手』)   Chapter 6. ブラック・フェミニズム:ラップ・アポクリファ       (オクテイヴィア・バトラー『夜明け』ほか)  III 女性的なもの(ガイネーシス)   Chapter 7. エコ・フェミニズムSF:言語世界のゴーレム       (マージ・ピアシイ『彼と彼女とゴーレムと』)   Chapter 8. ベジタリアン・フェミニズムSF:バナナミートの懺悔       (スージー・マッキー・チャーナス「オッパイ女」、ほか)   Chapter 9. ガイネーシス:テクノガイネーシス       (『スタートレック』のパロディ小説、ストーム・コンスタンティ        ン『ヘルメテック』)  Epilogue  ()内は、とりあげられているSF作品名。 【コメント】  読んでない作品が多く(邦訳がないものもある)、内容がうまくつかめないと ころも多かったけれど、刺激的な評論であることは確かです。ただ、どの章も、 枚数不足(^^;) という感を禁じえません。第3章なども、刺激的な作品をとりあ げてはいるけれど、作品解説で終わっているようなところもあります。「そこか ら先が知りたいのよ」というところで終わっている‥‥とおっしゃったのは、さ て、誰だったかな?(^^;) (1994/04/30)


This page written by TAKAHASHI, June (june.takahashi@nifty.ne.jp)