Myriel

 ワードマップ フェミニズム


【 書  名 】ワードマップ フェミニズム
【 編 者 】江原由美子・金井淑子
【出 版 社】新曜社
【発 行 年】1997年9月1日
【 価 格 】本体2600円+税
【  ISBN  】4-7885-0611-4
【KeyWords】フェミニズム 理論

【 内 容 】(目次)

 視座としてのフェミニズム      ‥‥‥‥‥‥ 江原由美子
 ラディカル・フェミニズム      ‥‥‥‥‥‥ 伊田久美子
 リベラル・フェミニズム       ‥‥‥‥‥‥ 細谷実
 レズビアン・フェミニズム      ‥‥‥‥‥‥ 富岡明美
 フェミニズムのなかのレイシズム   ‥‥‥‥‥‥ 鄭暎惠
 フェミニズム文学批評        ‥‥‥‥‥‥ 小林富久子
 精神分析とフェミニズム       ‥‥‥‥‥‥ 加野彩子
 ポストモダン・フェミニズム     ‥‥‥‥‥‥ 金井淑子
 日本フェミニズム論争史(1)母性とセクシュアリティ
                   ‥‥‥‥‥‥ 加野彩子
 日本フェミニズム論争史(2)フェミニズムと国家
                   ‥‥‥‥‥‥ 西川祐子
 宗教とフェミニズム         ‥‥‥‥‥‥ 掛川典子
 身体/生体とフェミニズム      ‥‥‥‥‥‥ 高橋さきの
 エコロジカル・フェミニズム     ‥‥‥‥‥‥ 萩原なつ子
 マルクス主義フェミニズム      ‥‥‥‥‥‥ 古田睦美
 ポスト・マルクス主義フェミニズム  ‥‥‥‥‥‥ 岩本美砂子

【コメント】

 「ワードマップ」シリーズとしては異色の「大項目」編成とも言える本書は、
「フェミニズム」と名付けられている知のあり方についての見取り図を提供しよ
うというものである。
 理論的には最先端の到達点を提供しつつ、しかも記述としては簡明で理解しや
すいものに、という要請は、筆者たちにとって過重のものであったのではないか
とも思われるが、それぞれの章はそれぞれの分担要求に十分に応えている。いや、
ただ応えているだけではなく、フェミニズムそのものに内在する問題点・論争点
のうちのいくつかも合わせて浮き彫りにしており、ここで提示された見取り図が
不変のものではなく、変わりつつあるもののある一瞬をとらえたスナップショッ
トでしかないことも示唆している。
 あえて言うならば、法学やグローバリズムなどにほとんど言及されていないこ
となどが難点ということになるだろうが、それはいたしかたないところであるか
もしれない。

(1997/10/08)


This page written by TAKAHASHI, June (june.takahashi@nifty.ne.jp)