2000年度演習「生活文化論」

ゼミの内容


 2000年度は〈婚〉を扱います。
 「未婚」ということば、そのままなら「いまだ結婚していない」という意味。でも、一生結婚しない(かも知れない)人に「未婚」というのは、何か変じゃないでしょうか?
 今年の演習では、このような〈婚〉をめぐるさまざまな問題を取り上げたいと思います。「結婚」だけでなく、「結婚しないこと」もそこには含まれてきます。その他、恋愛と結婚、離婚と子どもの養育、シングル・マザー、遠距離婚(コミューター・カップル)……とりあげるテーマは、参加者が決めて下さい。


[テキスト・参考文献]
 浅野素女、『フランス家族事情』、岩波新書、1995年。
 上野千鶴子、『近代家族の成立と終焉』、岩波書店、1994年。
 落合恵美子、『21世紀家族へ』、有斐閣、1994年。
 「夫(恋人)からの暴力」調査研究会編、『ドメスティック・バイオレンス』、有斐閣選書、1998年。
 木本喜美子編、『自分から始めるセカンドマリッジガイド』、KDDクリエイティブ、1995年。
 棚沢直子・草野いづみ、『フランスには、なぜ恋愛スキャンダルがないのか?』、角川ソフィア文庫、1999年。
 福島瑞穂、『結婚と家族』、岩波新書、1992年。
 山田昌弘、『近代家族のゆくえ』、新曜社、1994年。
 山田昌弘、『結婚の社会学』、丸善ライブラリー、1996年。
 ……ほか。

[ひとこと]
 卒業研究はなるべく実証的なものにしてもらいたいと思っています。そのつもりで。
 また、電子ネットワークを通じて自分が学んだことを外部へ発表もしてもらいます。


ゼミ生

4年次生:

氏 名卒業研究テーマ
 古川亜希子 
 (こがわ・あきこ)
 映画と女性 
 芳賀 史英 
 (はが・ふみひで)
 いわゆる「ギャルゲー」について 
 服部 志保 
 (はっとり・しほ)
 売買春に見る男女の権力構造 
 渡辺 秀和 
 (わたなべ・ひでかず)
 男性の職業的ケア役割(看護士)は成り立つか 

3年次生:

氏 名研究テーマ
 枝村 栄子 
 (えだむら・えいこ)
  
 遠藤 美和 
 (えんどう・みわ)
  
 小池 悦子 
 (こいけ・えつこ)
  
 齋藤 純子 
 (さいとう・じゅんこ)
  
 坂本富美子 
 (さかもと・ふみこ)
  
 菅野ますみ 
 (すげの・ますみ)
  
 武田 修子 
 (たけだ・しゅうこ)
  
 根本 寛  
 (ねもと・ひろし)
  
 根本 亮子 
 (ねもと・りょうこ)
  


「仕事」のページへ
高橋準のホームページへ


Copyright (c) 1999-2001, TAKAHASHI, June. (june.takahashi@nifty.ne.jp)
All rights reserved.