2005年05月01日

科学者キュリー(S・ドライ)

【 書 名 】科学者キュリー
【 著 者 】セアラ・ドライ、増田珠子訳
【出 版 社】青土社
【発 行 年】2005年5月10日
【 価 格 】2200円+税
【 ISBN 】4791761812
【KeyWords】科学研究 伝記

【 内 容 】(目次)

1 少女時代 1867−1891
2 パリ 1891−1897
3 ラジウム発見 1897−1902
4 放射能の理論化 1902−1906
5 死と実験室の生活 1906−1911
6 スキャンダル 1911−1914
7 戦争 1914−1918
8 晩年 1919−1934

イレーヌ・ジョリオ=キュリー 1897−1956

訳者あとがき
読書案内
原注
年表
索引

【コメント】

 マーニャ・スクウォドフスカからマリー・キュリーに。そして、そのまま変わることはなく。
 ポーランドに生まれた少女は、女性に認められた15歳までの教育課程を修了した後、姉の学資を自分の家庭教師の給料でまかないながら、姉の学業が終わった後は自分もパリで学ぶことを夢見た。当時のポーランドはロシア領となっており、国を占領したロシア軍の目を盗みながら、「移動大学」と呼ばれる非公式の学びの場で、ポーランド語やそのほかのさまざまなことを学ぶしかなかった。
 結局マーニャ・スクウォドフスカがパリに到着したのは24歳の時(1891年)。彼女は、自分を「マリー・スクウォドフスカ」という新しい名前で大学に登録した。「マリー」はソルボンヌで学業に没頭したおかげで、その2年後の93年には物理学のリサンス(修士号に相当する)を主席で手にすることとなる。
 祖国を愛する彼女は、ポーランドへ戻って教職につこうと考えていたが、ピエール・キュリーの求婚が彼女をフランスに引きとどめた。もちろん彼女がピエールとともにありたいと望んだことは疑いもないが、フランスにとどまったからこそ研究を続けることが可能だったのもまた事実であろう。フランスにも女性が給料をもらいながら研究を続けられる職は当時存在しなかったが、ピエールが――しぶしぶながら――教授職についたおかげで、すぐに3人に増えた家族(イレーヌの誕生は1897年)が食べていくには困らなかったし、彼の職場の上司の計らいで、劣悪ながらも研究をおこなう場所も確保できた。そしてなにより、ピエールと彼の兄の発明品(水晶板ピエゾ電気計)を彼女の研究に不可欠の資材として使うことができた。科学者マリー・キュリーとしての彼女の活躍がこうして始まる。
 確認しておかなければならないが、ラジウムの発見につながる一連の研究は、ベクレルによる放射線の発見にヒントを得たマリー・キュリーの着想によるものである。ピエールは途中から彼女の実験に興味を覚えて、首を突っ込むことになったのだ。その逆ではない。
 1898年のラジウムの発見は、放射能は物質の原子の性質である、ということを見抜いた彼女の直感のたまものであるといってよい。キュリーはそののち、ラジウムの単離に力を尽くすことになり、その単調な作業に忍耐強く取り組む彼女のイメージばかりが世間に流布されることになるが、キュリーは努力の人である以上に洞察力の人でもあった。
 だが、それだけではない。ラジウムはウラン採掘後に廃棄されていたピッチブレンドの中から取り出さるのだが、その中にほんの微量しか含まれていない。何トンというピッチブレンドを確保し、産地からフランスへ輸送し、そこからラジウムを精製する一連のプロセスは単なる個人的努力では片づかない。お金もかかる。企業と交渉し、援助を取り付けた彼女は、たぐいまれな交渉力も身につけていたのだ。
 そのほか、子どもたちの教育、そして夫の死後のことであるが、年下の男性との恋愛。そういったことにも彼女は(ときには静かなものであったが)情熱を注いだ。
 第一次世界大戦の時には、X線を治療に活用するために奔走した。裕福な女性を訪問し、彼女たちが所有するリムジンを放射線車として寄贈してくれるように頼み込んだりした。車の運転も習って、いざというときには自分で車のメンテナンスもできるようにとメカの知識も習得し、ルノーを1台確保した。長女イレーヌも学業の傍ら放射線医療に従事した。そういった、科学の社会的貢献についてのさまざまな着想と実践をなした、アイディアと実行力の人でもあったわけだ。
 女性であることが彼女にとって不利だったこともある。
 1回目のノーベル賞受賞の時には、スウェーデン・アカデミーの会長は「団結は力なり」ということばで夫妻を称えたという。「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助けるものを造ろう。」というキリスト教の文句を引いてだ。つまりここでいわれている「団結」とは、あくまでも「妻が夫の事業を支える」という限りのものであるのだ。世間もそう見た。真実とは異なるにもかかわらず。
 1904年にはソルボンヌにピエールのための教授ポストが作られたが、マリーのポストは彼の助手であった。ピエールの生前は彼女は教授職にはつけなかったのである。ストックホルムのノーベル賞受賞記念講演会もピエールが行った。いや、そもそもノーベル賞は彼だけに与えられようとしていたのだ。ピエールがていねいに、自分だけでなくマリーにも賞をくれ、と返事をしたためにそれだけはまぬがれたのだが。
 恋愛スキャンダル(ちょうど2度目のノーベル賞を受賞した時と重なる)の時には、パリのジャーナリズムはこぞって「あのポーランド女」と彼女を中傷した。女性であるがゆえのスキャンダルであったが、彼女が外国生まれであることもまたフランス人の排外心をあおったのだ。フランス・アカデミーのメンバーに選出されることもなかった。
 しかし、彼女はめげることはなかった。第一次世界大戦時の彼女の貢献から後は、フランスは頭を垂れて彼女を迎え入れることになった。そしてマリーはキュリーであり続けた。ポーランドは彼女の祖国であったが、彼女はフランスにとどまり、フランス人であった夫の名前で仕事を続けたのである。
 世間一般に広まっている、特に子ども向けに書かれたマリー・キュリーの伝記では、マリーの少女時代やピエールとのロマンスに過剰なウェイトが置かれ、あとはせいぜい夫婦の「共同作業」でラジウムが発見され、精製されたことが書かれているぐらいだという指摘がある(斎藤美奈子、『紅一点論』)。しかし実際のところ、キュリーに備わっていたのはもっとさまざまな豊かな才能であり、そして多方面に注がれたエネルギーであったのだ。本書はそれらをバランスよく描こうとしている。

投稿者 june : 15:09

2002年09月08日

ジェンダーは科学を変える!?(ロンダ・シービンガー)

【 書 名 】ジェンダーは科学を変える!?
【 著 者 】ロンダ・シービンガー  訳:小川眞里子・東川佐枝美・外山浩明
【出 版 社】工作舎
【発 行 年】2002年1月20日
【 価 格 】2600円+税
【 ISBN 】4-87502-362-5
【KeyWords】科学 教育 知識批判

【 内 容 】(目次)

 謝辞
 はじめに

 第一部 科学における女性
  第一章 ヒュパティアの伝統
   女性科学者の系譜
  第二章 平等の計算
   異文化間の比較/女性の土着の知識/論文生産数/被引用度/実地調査
  第三章 パイプライン
   教育の機会はジェンダー・フリーか

 第二部 科学文化におけるジェンダー
  第四章 文化の衝突
   科学のジェンダー化/イメージの意味/専門職の文化における女性/競
   争、科学、そしてスポーツ
  第五章 科学と私生活
   家事と育児は誰がするのか

 第三部 科学内容のジェンダー
  第六章 医学
   歴史/生物医学モデルの訂正/共同体モデル/何が成功をもたらしたの
   か
  第七章 霊長類学、考古学と人類の起源
   霊長類学/人類の進化/考古学
  第八章 生物学
   言語論的解読/構築原理としてのジェンダー/学問分野
  第九章 物理学と数学
   物理学はハードか?/物理学と軍部/数学と女性の脳

 むすび
  学問世界/ジェンダー分析の道具/政府の動き/社会と文化

 付表1 自然科学の各分野における女性博士号取得者分布
 付表2 民族別女性博士号取得者分布

 原注/参考文献/人名索引/訳者あとがき/著訳者紹介

【コメント】
 ロンダ・シービンガーはアメリカ、ペンシルヴァニア州立大学の歴史学教授で、科学史の研究を行なっている。日本では『科学史から消された女性たち』『女性を弄ぶ博物学』が、やはり小川眞里子らによって訳出されている(いずれも工作舎から)。
 上にやや詳しく内容を示しておいたので、本書の内容の概略はつかめると思う。「科学(ここでは主に自然科学)とジェンダー」という、一見何の関わりがあるのかと思われてしまいがちな問題について、大きく3つのアプローチで論じられている。第一部は近代科学の担い手におけるジェンダーバイアスの問題について、第二部は「科学者」という専門職のありかたとジェンダーとのかかわりについて書かれている。ここでは第三部「科学内容のジェンダー」について少し補足しておくことにしたい。
 「ジェンダーはさまざまなレベルで科学を構築する」とシービンガーは述べている。たとえばそれは、学術用語や分類法のレベルで。19世紀の男性と女性の(ヘテロセクシュアルな)ステレオタイプは、「活発な〈男性〉としての精子/受動的な〈女性〉としての卵子」というイメージを作り出した。19世紀終わりには卵子に微細な絨毛があることがわかっていて、そこに着目すれば卵子それ自体が活発に活動することがわかったかもしれないのだが。
 あるいは、学問体系そのもののあり方にも関わるかも知れない。医学は主に男性の身体を中心にしており、女性の身体は生殖関連(産科・婦人科の領域)で主に参照されるに過ぎない。もちろん、たとえば女性を薬品試験の被験者にするのにはいろいろな制限がかかっている。しかし、実際ある種の薬品は男性の身体と女性の身体とで、効き目や排出のされ方が異なるのだ(これに加えて人種でも異なることがよくある)。だとしたら、男性の身体でテストした薬品をそのまま安易に女性の身体に投与するのは、彼女にとって生命の危険を導くものであるかも知れない。
 あげていけばきりがない。(数学の理論でさえ、ジェンダー・バイアスの影響を受けることがある!)もっともっと広範囲な、かつ慎重な検討がなされるべきだろう。科学の成果の全てが拒否されるものでもない。しかし、一見なんでもない、中立的に見えるような事柄にも、さまざまな形でジェンダーの影が落ちているかも知れない。科学のありようはさまざまであり、時代と共に変化するものでもあるし、フェミニズムの理論と実践そのものもまた変化しうる。常に、さまざまな場所で、わたしたちは科学の実践を検証し直す必要があるのだろう。そしてそれは、自然科学だけが対象であるわけでもないはずである。

投稿者 june : 21:08

2002年09月02日

フェミニズムと科学/技術(小川眞里子)

【 書 名 】フェミニズムと科学/技術
【 著 者 】小川眞里子
【出 版 社】岩波書店 双書・科学/技術のゆくえ
【発 行 年】2001年11月5日
【 価 格 】2100円+税
【 ISBN 】4-00-026636-5
【KeyWords】認識論 教育 科学/技術 知識批判

【 内 容 】(目次)

 序 科学的「発見」とは

 I 問題意識の芽生えと確立
 II 科学における女性
 III 日本の女性科学技術者
 IV 科学知識とジェンダー
 V 〈女性問題〉から〈科学問題〉へ

 あとがき

【コメント】
 この本のタイトルのような文句を見て、「ジェンダー(orフェミニズム)と科学って何か関係あるの?」といぶかしげに思う人はそう少なくはないはずだ。たとえば、2002年度の国際連合大学グローバルセミナー東北セッション(2002年9月10日〜13日、於仙台)のテーマは「ジェンダー・福祉・科学技術」だったのだが、このテーマにしようという話をしている時に、委員のメンバーの相当数はけげんな顔をしていた。(委員は経済学や理科系の男性がほとんど。)日本でもあまりこの分野での研究等は知られていない。
 しかし実は、「フェミニズムと科学/技術」「ジェンダーと科学/技術」というテーマは、ここ15年ほどホットな議論の焦点になっているものだ。日本ではフェミニズム・ジェンダー研究というと文学と社会学と歴史学が多くて、そのほか心理学とか経済学とかがぼちぼち、というのが少し前までの状況で、わたしも「法律ってジェンダーに中立だから〜」とか「福祉ってあまりフェミニズムと関係ないよー」みたいな若手の勉強熱心な人の声をたくさん聞いてきた。まして、自然科学なんて、ということだろうか。あと一つ、日本のフェミニズムの手薄なところはスポーツ研究なのだが、体育と理科・数学がニガテ、なんて、まるでステレオタイプな「女の子の不得意科目」ではないか。もっとも、音楽研究も相当手薄ではあるが。
 もちろん、それだけが理由ではない。スポーツについてのジェンダー研究が手薄なのは、スポーツが身体性という、きわめて生物学的な(ように見える)ものに依拠しているところが大きいからだろう。もちろんスポーツ研究といっても身体性にかかわる部分だけを扱うわけではなく、ルールの変遷の研究やスポーツの経済効果の分析なども守備範囲であるわけで、文化的・社会的な領域にかかわってもくるわけなのだが。
 自然科学に関してはやはり、「科学は中立」というような暗黙の前提があるということなのだろう。それはもちろん、ジェンダーに関してだけではなくて、民族性や階級性に関しても中立だと思われているわけだ。この本でも最初そういった疑問に対応するところから話は始まる。
 「見たまま」そのままのデータなどは、自然科学ではあり得ない。「見ることは解釈すること」なのだ。たとえば、ガリレオの木星の衛星の発見だって、木星のそばを小さな光点があっちへ行ったりこっちへ行ったりしているだけにしか望遠鏡では見えない。それが、「この光点は木星のまわりを公転している衛星なのだ」という認識を持つためには、きちんとした観察に先立つ理論が必要なのだ。こういう例をわたしたちはいくつも実は「心理ゲーム」のようなものとしてすでに知っている。白と黒とどっちを地と考えるのかで、同じ絵が二人の人が顔を向かい合わせているように見えたり、グラスのように見えたりするだろう。それと同じことである。(クーンの「パラダイム」論も実はこれと基本的には同じことを語っている。)
 したがって科学の客観性というものも、視点によって見え方が変わってくるという点では、実は絶対普遍のものとはいいがたい。そういったことに主にフェミニストが気づき始めたのが、1970年代の後半のことだ。エヴリン・フォックス・ケラーやサンドラ・ハーディングなどの先駆的な科学のフェミニスト批判についての業績が出てくるのが70年代末である。この分野の研究が広がっていくのが80年代半ば以降、ある程度の社会的影響力を得て批判(や揶揄)も受けるようになってきたのが90年代半ば以降、とまとめることができるだろう。先程述べたように、話はフェミニズムからの批判だけにとどまらない。聞くところによると、近年「エスノ・マシマティックス」(民族的数学)というようなものも問題提起されているのだそうだ。今ある数学は西洋近代のものだが、それと異なる数学の体系があっても決しておかしくないという発想だろう。和算などもその中に含まれるのかも知れない。
 こうした認識論的な問題の他に、「どうして女性の科学者は少ないのか」という問題もある。これについては、「科学者」にまつわるイメージが狭いので「科学普及者としての女性」の姿が見えてこなかったりすることもあるようだ。もちろん、科学を学ぶ女性の数が絶対的にも少ないからということもある。しかし、学ぶ女性の数を増やせば科学者という専門家の数が増えるかというと、そう単純ではないことも経験からわかってきた。問題は科学者のアイデンティティのあり方そのものにあるのではないか、という仮説が本書では紹介されている。(男性性との結びつきが非常に強いということ。)
 本書は決して専門書ではなく、一般向けに書かれたもので、それほど分量もない。翻訳を中心に類書の紹介もずいぶんと蓄積されてきた。科学論の本を開けば、その中の1章はフェミニズムの科学批判にあてられるようになってきている。新しい領域への第一歩としては手ごろな一冊だろう。

投稿者 june : 21:16

1997年03月10日

DNA伝説(ドロシー・ネルキン&M・スーザン・リンディ)

【 書 名 】DNA伝説 〜文化のイコンとしての遺伝子
【 著 者 】ドロシー・ネルキン&M・スーザン・リンディ 訳:工藤政司
【出 版 社】紀伊國屋書店
【発 行 年】1997年2月28日
【 価 格 】2400円
【 ISBN 】4-314-00787-7
【KeyWords】マス・メディア 優生学 公共政策

【 内 容 】

 まえがき

 第一章 遺伝子の力
 第二章 優生学的遺伝子
 第三章 聖なるDNA
 第四章 分子家族
 第五章 プレスリーのDNA
 第六章 生まれつきの差異を創る
 第七章 赦罪――責任と罪の所在
 第八章 遺伝子本質主義の適用
 第九章 遺伝子未来主義
 第十章 超遺伝子

 訳者あとがき

【コメント】

 これは生物学の本ではありません。タイトルに「伝説」とあるように、「DNAという存在が現在文化(主にマス・メディア)の中でどのように取り扱われているか」、つまり生物学の文化的表象・イメージがどのようなものであるかを探求した著作です。
 近年のアメリカでのさまざまな文化的潮流の中にあるDNAの過剰な露出を、筆者たちは「遺伝子本質主義」と呼びます。たとえば、「家族の絆」は「育ち」ではなく遺伝子的連続によるものだという観念から、裁判所が親権をめぐる判決を下すようになっているということ、あるいは、出生直後に養子に出され、生みの親を知らない子どもが自分の生物学的両親を捜すのを支援する組織が数多く生まれてきていること、など。
 あるいは、ガンや高血圧の原因となる遺伝子情報の所在が発見されるようになっていると同時に、その情報に対してはプライバシー権が及ばず、個人情報が生命保険会社などに流通していること(もちろん、保険料の引き上げのために使われる)、「犯罪遺伝子」によって罪を問われない代わりに矯正の望みもないとされて、一生施設に閉じ込められたり、「悪い」遺伝子を未来に残さないようにするために避妊手術を受けさせられたり。
 ゲノム研究は、さまざまな不幸を取り除く可能性を持った研究であると同時に、かつての優生学が持っていたような「選別の論理」(優生学は、「優れたものを生かす」という意味ですが、実際は「劣ったものを排除する」ために使われました)として働くという側面を実際に持っています。筆者たちは終章で「多くの科学者は以上述べた可能性に気がついている」と言っていますが、もちろん、科学者でない一般のわたしたちこそ、生殖の国家管理や社会問題を個人の遺伝子の問題に還元するような傾向について、きちんとした知識と対応を考えておく必要があるといえるでしょう。

投稿者 june : 18:13

1996年06月11日

女性を捏造した男たち(シンシア・ラセット)

【 書 名 】女性を捏造した男たち ――ヴィクトリア朝時代の性差の科学
【 著 者 】シンシア・ラセット 訳・上野直子
【出 版 社】工作舎
【発 行 年】1994年5月20日
【 価 格 】3296円
【 ISBN 】4-87502-234-4
【KeyWords】性差、進化論、歴史

【 内 容 】
【コメント】

 副題の通り、ヴィクトリア朝時代のアメリカ・ヨーロッパにおける「性差の科学(sexual science)」の歴史を描いた本です。
 本の内容を最も簡潔にまとめるなら、思想史の方法を用いた、〈女性〉のイメージが、19世紀の後半に主に生物学的な側面から形作られ、〈進化〉の階梯の中に位置付けられ、そして内部崩壊していくプロセスの詳細な紹介、ということになるでしょうか。
 女性の身体が示す発育不全・幼児形などから、「女は未熟な男である」というかたちで、女性に対する男性の優位が主張された時代があったのです。(それは、単にジェンダーのみならず、階級や人種・民族の問題と複雑に絡まりあったものでもあったのですが。)当時の最先端の自然科学が、さまざまな公的領域からの女性の排除や、「女の役割は第一に母親であることであり、女の場所は第一に家庭である」ことの正当化の理由として用いられていたということです。
 現在の科学の水準からすると、当時の議論の中で用いられた理由付けのほとんどは噴飯ものだと言えるのですが、では、現在のわたしたち自身は本当にこうした発想を捨て去ったと言えるかというと、はっきり言い切ってしまうのがためらわれることがしばしばあります。「進化論的な発想というのは、その科学的な妥当性が少々ゆらいだからといって、簡単に消え去るものではないのだ、ダーウィン的な進化論という大きな物語は決して効力を失ってはいないのである。というか、ひとつの言説として今日でも我々の行動を強烈に貫いているのだ。」(富山太佳夫による「解題」より)
 科学の言説を用いる女性への「バックラッシュ」が実にたくさんあることを示したのは、スーザン・ファルーディの『バックラッシュ』でした。だとするならば、ラセットのこの本の内容を、わたしたちは遠い時代の話として読むことはできない、ということになるでしょう。

投稿者 june : 07:10