« 2005年04月 | メイン | 2005年06月 »

2005年05月16日

●[news]男女差別指数、日本は58カ国中38位・世界経済フォーラム

 世界経済フォーラムは16日、世界各国の男女差別の度合いを指標化した「ジェンダー・ギャップ指数」を初めて発表した。北欧勢が上位を独占する一方、日本38位、中国33位、韓国54位とアジア勢は低迷。女性が参加しやすい社会づくりで欧米に大きく後れを取っているという実感を裏付けた。

 同フォーラムはダボス会議などで知られる。この指数は仕事の機会や待遇、政治参加、教育や保健衛生の環境などに関する男女格差を示す指標や経営者の意識調査を集計。主要58カ国のランキングを示した。

 日本は保健衛生環境で3位を占めたが、仕事の機会(52位)、政治参加(54位)の低い評価が足を引っ張った。韓国も日本と同様に仕事の機会(55位)、政治参加(56位)の格差が大きいとされ、中国は教育(46位)での劣位が目立った。(以下略)

 「経営者の意識調査」っていうのは、あまりこの手のものでは見たことがないですね。

 もとの発表資料はこちら。報告書全文もPDFでダウンロードできるようです。

 日本はこういった数字や順位がよかったためしがないのですが、文句を言うならきちんと上位に来るような施策を成功させろということで。

2005年05月04日

●[news]高校生に性感染症拡大(毎日)

 性体験のある高校生のうち約1割が、性感染症(STD)の一種、性器クラミジア感染症に感染していたことが厚生労働省の研究班の調査で分かった。STDはエイズウイルス(HIV)の感染率を3〜5倍高めるとされるが、全国高等学校PTA連合会が実施した別の調査では、高校生の4分の1以下しか、その認識がなかった。エイズ感染者・患者の合計が先月1万人を突破した中、専門家は若者を中心に爆発的に増加する恐れがあると警鐘を鳴らしている。

 研究班は10代の人工中絶率などが全国平均とほぼ同じのある都道府県で、一昨年秋から約1年間かけ、13の高校に在籍する1〜3年生の無症状の男女約5700人を対象に、匿名の質問票や尿検査などで調べた。

(中略)

 性交渉の経験者は男子高生が全体の31.1%、女子高生は43.6%。このうちクラミジアに感染していたのは男子6.7%、女子13.1%で、全体では10.6%に達した。年齢別では16歳の女子高生が17.3%で最も高い。欧米の女子高生の感染率は1〜4%で、日本は際立って高いという。