2005年05月16日

●[news]男女差別指数、日本は58カ国中38位・世界経済フォーラム

 世界経済フォーラムは16日、世界各国の男女差別の度合いを指標化した「ジェンダー・ギャップ指数」を初めて発表した。北欧勢が上位を独占する一方、日本38位、中国33位、韓国54位とアジア勢は低迷。女性が参加しやすい社会づくりで欧米に大きく後れを取っているという実感を裏付けた。

 同フォーラムはダボス会議などで知られる。この指数は仕事の機会や待遇、政治参加、教育や保健衛生の環境などに関する男女格差を示す指標や経営者の意識調査を集計。主要58カ国のランキングを示した。

 日本は保健衛生環境で3位を占めたが、仕事の機会(52位)、政治参加(54位)の低い評価が足を引っ張った。韓国も日本と同様に仕事の機会(55位)、政治参加(56位)の格差が大きいとされ、中国は教育(46位)での劣位が目立った。(以下略)

 「経営者の意識調査」っていうのは、あまりこの手のものでは見たことがないですね。

 もとの発表資料はこちら。報告書全文もPDFでダウンロードできるようです。

 日本はこういった数字や順位がよかったためしがないのですが、文句を言うならきちんと上位に来るような施策を成功させろということで。


2005年03月12日

●[news]結婚後同じ仕事半数以下(福島民友)

 20−30代の生活実態を継続的に追跡する厚生労働省の「第2回21世紀成年者縦断調査」で、最近1年間に結婚した働く女性のうち、結婚前と同じ仕事を続けている人は半数以下であることが11日、分かった。

 最近1年間に仕事を辞めた女性の退職理由は「出産・育児」「結婚」が目立つ一方、働く意欲がありながら就職できた専業主婦は少なく、厚労省は「女性の就業環境は厳しい」と分析している。

 調査は少子化対策など政策の基礎資料とする目的で実施。2002年10月末時点で20−34歳の男女を全国から無作為抽出し、03年11月、第1回調査に回答した人を中心とする約2万5000人に調査した。

 職場が、なぜか女性が結婚することに対応していない、ということなんでしょうか。しかも、結婚後1年ですからねえ。


2005年01月13日

●[news]「"熱血主夫"増える、稼ぎ手は妻――家事に全力、背景に非正社員化」(日経)

 リスト中の1月11日付記事。(注意:日経SmartWomanサイトに掲載される生活欄の記事は10本までなので、ひと月ほどで読めなくなります。)

 記事によると、「専業主夫が含まれる国民年金の第三号被保険者の男性は、2003年度で約8万人と、7年前の2倍」だという。具体的な事例が記事ではあがっているが、もともとは職場の先輩(妻)・後輩(夫)、妻が公務員(看護師)・夫が契約社員だったという組み合わせ。二例とも収入が夫の方が低かった、というカップルである。

 しかし、"熱血"という形容詞はなんとかならないものか。