2005年05月16日

●[news]男女差別指数、日本は58カ国中38位・世界経済フォーラム

 世界経済フォーラムは16日、世界各国の男女差別の度合いを指標化した「ジェンダー・ギャップ指数」を初めて発表した。北欧勢が上位を独占する一方、日本38位、中国33位、韓国54位とアジア勢は低迷。女性が参加しやすい社会づくりで欧米に大きく後れを取っているという実感を裏付けた。

 同フォーラムはダボス会議などで知られる。この指数は仕事の機会や待遇、政治参加、教育や保健衛生の環境などに関する男女格差を示す指標や経営者の意識調査を集計。主要58カ国のランキングを示した。

 日本は保健衛生環境で3位を占めたが、仕事の機会(52位)、政治参加(54位)の低い評価が足を引っ張った。韓国も日本と同様に仕事の機会(55位)、政治参加(56位)の格差が大きいとされ、中国は教育(46位)での劣位が目立った。(以下略)

 「経営者の意識調査」っていうのは、あまりこの手のものでは見たことがないですね。

 もとの発表資料はこちら。報告書全文もPDFでダウンロードできるようです。

 日本はこういった数字や順位がよかったためしがないのですが、文句を言うならきちんと上位に来るような施策を成功させろということで。


2005年04月13日

●[news]アンドレア・ドウォーキン死去

 アメリカのラディカル・フェミニスト。著書に『インターコース』、『ポルノグラフィ』、『女たちの生と死』(いずれも青土社から邦訳)など。享年58歳。ここ数年健康を害されていたとのこと。


2005年02月20日

●[news]サマーズ米ハーバード大学長、女性差別発言で窮地に(日経)

 「女性に優秀な自然科学者が少ないのは、男女の性差によるものだ」という発言が問題になっています。

 なお、講演録が17日に公開されました。


2005年02月01日

●[news]韓国で戸籍制廃止の動き 「男女差別」批判受け(共同通信)