活動紹介

活動紹介


ふくしま女性フォーラム
〒960-1296
福島県 福島市金谷川1
福島大学 行政政策学類
栗原研究室気付(WFF事務局)

tel 024-548-8278
fax 024-548-8278

wff-web@myriel.jp


■ふくしま女性フォーラム・2003年度の活動方針

総務部
2002年度の事業報告
名簿管理:年度末会員数 205名
定期総会・記念講演、定例運営委員会の開催
委員などの派遣
2003年度の事業計画
名簿管理:当初会員数 200名
会費未納者に対する納入促進
定期総会開催・記念講演、定例運営委員会の開催
委員などの派遣

事業部
2002年度の事業報告
出前講座の実施:いわき、あいづ
2003年度の事業計画 
出前講座、アセスメントの実施

広報部 
2002年度の事業報告
機関紙「うふふVOL.33⊸36」の発行
主催イベント情報の提供
ホームページを更新し、ネット発信の充実
2003年度の事業計画
機関紙「うふふ」の発行、内容充実


「男女共同参画の視点から施策を検討する」PT 
2002年度の事業報告
全員で具体的に施策を調査・検討することはできなかったが、各チームメンバーはそれぞれの地域で活動し成果をあげている。
1.会津若松市男女平等条例(仮称)制定への活動
「男女平等条例研究会」を発足。勉強会や市民意見交換会を実施、議員立法として検討されるよう要請活動を行った。
2.市町村国保の世帯主制度の見直しに関する活動 
福島市に対し、世帯主制度を個人単位制度に改めるよう国に対し要望するよう提案した。
3.保原町で初の「女性のつどい」を開催
2003年1月に、第1回の女性のつどいを町の後援により開催した。PTメンバーによる講演と町長を含めたパネル・ディスカッションを行った。
2003年度の事業計画
1.各地域の独自的な活動
地域ごとの活動が基本とするが、各活動を共有し議論することがPT活動を高めることになるため、活動経過報告会を行う。
2.勉強会の開催
国の影響調査専門調査会が行っている、税制・社会保障制度・雇用制度システムについては大いに関心を持つ必要がある。

「女性に対する暴力防止」PT
2002年度の事業報告
1.相談窓口連絡カードの作成・配布
予算の関係で20,000枚という枚数で、とても県内全域に配布できませんが、県の児童家庭課では今年度の予算で同様のカードの作成を予定されていた由、先鞭を付けたことになったかとも思います。
2.2002年度ドメスティック・バイオレンス全国研修会(全国婦人相談窓口連絡協議会の主催)への参加
2003年度の事業計画
DV防止法制定以降、DV問題は顕在化している。その状況を踏まえ、今年度の活動計画は、福島DV研究会と共に前年度配布した相談窓口連絡カードについて、どこでどのように使用されているか等を追跡調査していきたいと思う。

「ジェンダーフリー教育を考える」PT
(GFEnet福島分科会)
2002年度の事業報告
メンバーが多忙をきわめ、開店休業状態となってしまいました。
2003年度の事業計画
教育基本法改正のうごきや、福島大学教育学部の再編など、教育をめぐる環境の変化のなかで、ジェンダー教育の視点をどのように充実していくかについて、考える場所を提供していくことはどうしても必要であると思う。新しいメンバーも募りながら、本年度は何か問題提起をしてみたい。

「ジェンダーフリーの職場」PT
2002年度の事業報告
スウェーデン調査の報告書を普及した程度にとどまり、「企業とジェンダー」プロジェクトチームとしての動きに呑み込まれたかたちであった。
2003年度の事業計画
ジェンダーフリーは、職場、地域、家庭の中で容易に実現していないが、自己改革を成し遂げつつある人もいる。こういういろんな立場の人からヒアリングし、意識を変える手段・方法を学ぶ。
「ジェンダーフリー井戸端会議」:実施月 7月、10月、1月(詳細は、うふふで周知する)。

「企業とジェンダー」PT
2002年度の事業報告
1.調査報告書『企業とジェンダー』の作成
2002年に実施した企業調査について、企業とジェンダーPTのメンバーに対しても開いたかたちで、行政社会学部大学院地域政策科学研究科の授業
で再検討を行った。フォーラムのメンバーの方々がさまざまな部会やその他のグループで、この報告書を行動をすすめるために必要とされる論理や理論を培うための参考書に活用してほしいと思います。
2003年度の事業報告
新しい経済システムの構想をつくり出す活力と展望を、地域経済はどのようにもてばいいのでしょうか。調査1 地域産業のデータから出発して、じっくり本当に望ましい地域経済の将来像を考えましょう。
調査2 ナショナル・ミニマムの考え方について議論する素材になるような調査を考えてみませんか。
地域の現実から出発して、仕事と生活の希望がもてる新しい納得できる地域のグランドデザインについて考えることが、グローバル化の時代にわたしたちにもとめられているのだと思います。

 

トップへ戻る ^