活動紹介

オンライン・ダイジェスト


ふくしま女性フォーラム
〒960-1296
福島県 福島市金谷川1
福島大学 行政政策学類
栗原研究室気付(WFF事務局)

tel 024-548-8278
fax 024-548-8278

wff-web@myriel.jp


■「うふふ」 第16号(1998.10.26)

目次

1998年度第2回学習会報告

ネットワーク情報


介護保険研究会シンポジウム(主催・ふくしま地域づくりの会)
映画上映会
 (1)「忘れられた子供たち/スカベンジャー」(福島フォーラム)
 (2)「マザー・テレサとその世界」(福島テルサ)

福祉講演&ミニコンサート(主催・まごころサービス福島センター)


女性連帯基金から
ネットワーク情報:女性連帯基金から

充実した紙面――うふふ15号感想
 私たちの会・女性連帯基金(WSF)を会報の15号で紹介していただき、大変うれしく思っています。
 第1回学習会の内容、そして感想のぶつかり合いもとてもいいと思いました。どのようにして、お互いがもっともっと突っ込んで話し合ったり、問題点を俎上に乗せるのかが重要と思います。とても充実している紙面で、私の福島の友人にも購読するよう伝えます。
(中嶋里美)


会員の声

いーぶん・とーくのテーマについて
 「経済的自立」について皆さんがどう考えているのか、議論してみたいと思っています。(※註:本年度第5回学習会のテーマです。)
(栗原るみ 福島市)


ベアテ・シロタ・ゴードンさんの講演を聴いて
 ベアテさんは、“品のいいスプーンおばさん”という感じ。日本でいう江戸っ子のニューヨークっ子だそうで、チャキチャキしていました。歴史上の人物と同じ時間を共有できたことは、本当に素晴らしいものでした。
 「家庭は人類の基礎である」「女性が今日の権利を得るまで、市川房枝さんよりもっと前の無名の女性たちががんばった」など、ウンウンと大きくうなずくような話ばかりで、充実した一夜でした。
 ベアテさんのお父さん(ピアニスト)のCDを買ってきました。全部聴くと72分です。
(斎藤美佐 福島市)
(※註:ベアテさんは、日本国憲法の「両性の平等」に関わる部分のGHQ草案を起草した女性です。1923年ウィーンの生まれ。大戦中は日本に住む両親と離れてアメリカで生活していました。→紹介ページ)


「しのぶぴあ第10号」発行のお知らせ

会員からの声

ペーパー版発行  1998.10.26
オンライン版発行 1998.10.28

トップへ戻る ^