WithLib produce

ウイズリブの会調査「男性の家事をどう見るか」・2

手伝いはうれしいけど、
基本的には女の仕事


男性 0人  女性 13人


◆女性 30代前半 専業主婦
男性みずからやってくれる、納得してやってくれるのであれば、それはそれで良いと思う。しかし、職種や、その人によっては全く受け付けられない人もいると思うし、基本的には家事は女性の仕事だと思う。

◆女性 30代前半 専業主婦
男性が好きで手伝ってくれるというのであれば、手伝ってもらいたいと思うが、必要以上にやるのも嫌だ。子育て以外のことは、やはり仕事をしていても、基本的には女性が家事をするつもりでいるのが望ましい。

◆女性 30代前半 専業主婦
掃除や洗濯をする必要はないと思います。特に妻が仕事をしていない場合。が、育児に関わる必要は大きいと思います。

◆女性 30代後半 パートタイム
どちらかというと男性の方が、精神的にも肉体的にも大変だと思うので、家事は妻がするべきだと思う。場合によっては手伝って欲しいときもある。

◆女性 30代後半 専業主婦
私は自分のしたいようにしたいので、手伝いは必要としないが、いわゆる「男手」の欲しいところでは活躍して欲しい。また、子供に家事をする父親の姿は見せたいとは思う。

◆女性 30代後半 専業主婦
本人の意見:家事はあくまで女性の仕事だと思います。外で働いて帰って来て、家事までさせるのは、私としてはいやです。 夫の意見:こどもの頃から家の仕事は女性がするべきだと育てられたため、したくても何もできない。

◆女性 40代前半 パートタイム
夫は、主に仕事を一番と考えながら、家族の将来をみきわめてくれるのが望ましいので、家事も育児も、妻の方が全体をみて細かく行動する。

◆女性 40代前半 専業主婦
専業主婦である以上、家事が私の仕事なので、責任持ってやりたい。それが結婚し、二人で生活しているための大切な役目だと思う。それと子育てはやはり三つ子の魂百までというように、大切なものだと思います。親の愛情が必要なときに、仕事に追われ、精神的にゆとりのないなかでの子育てはあまり好ましくないと思います。

◆女性 40代前半 専業主婦
主に家事は妻がやるべきだと思うが、子供を育てることに関しては、夫婦で助け合いながらお互いの考え方をよく理解して育児をしていく必要があると思います。

◆女性 40代後半 専業主婦
忙しいときに手伝ってもらうと助かるな……と思うことはありますが、原則的に家事は主婦がするべきだという考えを持っています。

◆女性 40代後半 パートタイム
男性が家事をするのは、あまり望みません。たとえ仕事をしていても、女性は、家事と仕事を両立させなければ。家事をおろそかにするような女性は、仕事も一人前にはできないと思う。

◆女性 40代後半 専業主婦 専業主婦なので、夫はすべて私が家事をやるのが当たり前と思っている。堂々と「食事の用意も掃除もやらないのなら、女房はいらない」と言い、何も悪びれた風もなく、手伝わない。病気でもして私が寝込むことなど許されないと思っている。

◆女性 40代後半 専業主婦
夫に妻がすべて従うという戦前育ちの両親に育てられましたから、主人が家事を手伝ってくれなくても、あまり不満にも思わずにやってきました。むしろ母の時代に比べますと、比較にならないほど、妻は発言権も態度も大きく、自由もあり、お金もある程度動かせ、友人たちはとても人生をエンジョイしているように見えます。娘(21歳・英国住)の世代には、もっと男女の境界が近くなっていると思います。家事もケースバイケースで、五分五分ならまだ良い方で、二分八分とか一分九分……さまざまなケースが出るものと思います。共稼ぎの場合は平等にすべきと思っていましたが、やっぱり家事は女性がやった方が良いと近頃思います。


BACK HOME NEXT

Copyright (c) 1997, Group WithLib. All rights reserved.
This page written by TAKAHASHI, June.