WithLib produce

ウイズリブの会調査「男性の家事をどう見るか」・6

老後や一人暮らしのことを考えると、
男性の家事は必要


男性 9人  女性 24人


◆男性 30代後半 フルタイム
妻が病気か、子供が病気やいろいろな行事で帰るのが遅くなったり、いない場合は、それなりに家事をする必要がある。

◆男性 30代後半 フルタイム
別にないが、全くできないのでは生活に困ると思う。特に料理。何種類か作れるようにならないと・・・

◆男性 40代前半 フルタイム
最近では単身赴任をする機会が多いので、簡単な料理・洗濯・掃除ぐらいは自分でできるくらいになりたいし、そうあった方が都合がいいので、少しはやった方がいいと思う。

◆男性 40代後半 フルタイム
配偶者に何かあった場合は、夫は進んで家事・子育てはすべきだと思う。

◆男性 40代後半 フルタイム
特に男でないとできない家事があり、これらについては男性も協力することが必要である。

◆男性 40代後半 フルタイム
生き方は人によって違うから、「こうでないといけない」という考えは持たない。私の場合、将来、一人きりの生活を余儀なくされる可能性を想像すると、汚れた部屋で、不潔な衣類、コンビニなどの惣菜が副食では寂しすぎるから、「いきなり家事をすること」の抵抗感を覚えないためにも、ときどき手伝う。

◆男性 40代後半 自営業
これからは、男性が家事(特に料理)をすることには賛成します。老後のことや自分自身の健康のことを考えると、いろんな経験を今のうちにやっていた方が望ましいと思っております。

◆男性 40代後半 フルタイム
これから21世紀に向けて高齢化社会に入り、男性が家事を分担することは必要だと思う。配偶者と2人の生活、老後のことを考える場合、お互いの協力が不可欠であるから。

◆男性 40代後半 フルタイム
高齢化し、妻が病気等になった場合を考えると、男性も家事ができることが必要だと考える。


◆女性 30代前半 パートタイム
もしもの時のためにご飯ぐらい炊けた方がよいと思うが、力仕事ならやはり男性に手伝ってほしい。植木の手入れなども男性の仕事と思う。日曜などは、ごみを燃やしてくれたり、車を洗ったりしてくれると助かる。

◆女性、30代前半 パートタイム
家庭内で男性が家事をする必要に迫られる可能性はどこの家庭でもあると思う(妻の病気、別離など)ので、日頃行なうことは意味があると思う。また、分担するという意識は、お互いに融通性を持たないと、ただ家事は嫌なこと、面倒な事になってしまうのではないか。家事も育児も家庭生活の一つであることを、男性、子どもにも理解してもらう事が必要であると思う。

◆女性 30代前半 自由業
将来、女性が、入院・病気等で家事を行えない状況ができると思うので、そのときに主人も子供も困らないためにも、日頃から家事を手伝うというかたちで、家事をして欲しいと思う。同時にそれは、24時間365 日休日のない主婦への思いやりだと思う。しかし、現実は、主人ではなく、実家の両親に甘えているのがちょっと寂しいかな?

◆女性 30代前半 専業主婦
良いことと思う。夫婦とも働きの場合は、特に必要と思う。我が家では専業主婦で特に家事分担はなく、家事の責任は妻の私にあるが、体調の悪いときや育児等で手が放せないときなどに、手伝ってもらえるのは本当に助かり、嬉しいものである。普段はやらないにしても、妻の非常事態に対処できるだけの家事能力を、男性は身につけておくべきであると思う。

◆女性 30代前半 専業主婦
妻がいつも主人の身の回りのことをできる状況の時はよいが、なにかの理由で長く家を空けるようなときに、何も自分のことができないと困るので、少しづつでも出来るようになってほしいと思う。

◆女性 30代後半 パートタイム
これからは、できるならば男性も家事ができる方がよいと思います。女性のお産の時など、食事だけでもちょっとだけでも作れた方がいい。人間、いつどういう風になるかわかりません。

◆女性 30代後半 専業主婦
必要だと思う。配偶者がいなくなってからでは遅いので、常日頃からやっておくべきだと思う。また、今の子供達が大人になる頃には、ますますツインカムが多くなると思われるので、人間関係がスムーズに行くように、お互いが気持ちよく暮らせるように男性も家事をするべきだと思う。

◆女性 40代前半 専業主婦
週休二日制等でお休みが増えてきたので、その時などに手伝ってもらうのは家族のコミュニケーションやスキンシップでよいことだと思う。まあ、ウチの場合は、どこに何があるかを知らないので、かえって手間がかかるが。子供が男の子ばかりだし、私に何かあったときのためにも、少しづつやって身につけて欲しい。

◆女性 40代後半 フルタイム
衣・・・洗濯関係は洗濯機がやってくれるので、男性ができると思う。ウチでは休みの日は主人が干したり畳んだりしてくれる。
食・・・食事の用意は、料理好きは別として男性には通常は無理でしょうが、老いて一人生活のことを考えると、少しずつやるのも必要でしょう。
住・・・掃除は毎日は大変だから、一日一部屋にするとか、一週間に全部屋とか、予定を決めてできる時にするようにしたらよい。
とにかく、老いて一人残されることを考えると、少しずつ見習って練習していくことが、老後の安らかな生活のために必要と思う。

◆女性 30代後半 専業主婦
離婚・死別などで男性が一人になった場合、自分の身の回りのことは自分の力でできるよう、日頃から少しずつ家事に参加してほしい。

◆女性 30代後半 パートタイム
私が病気で寝込んでしまう場合など、日頃より家事をしている夫だと安心できる。また一人で家事をしょい込んでしまって、一人だけイライラしているよりも、たのめるところはたのんで、家族皆でやっていく。(子供も含む)

◆女性 40代前半 専業主婦
男性が家事をすることは良いと思います。女性が病気をしたときなど、何もできないでは本人も不安だし、病人の方も休めません。また、家事の気配りや不便なことの相談や悩みが話し合えて、わかるからです。家事といっても幅広いもので切りがありません。自分たちの住みやすい家をつくるためには、とてもいいことだと思います。

◆女性 40代前半 専業主婦
良いことだと思います。専業主婦は一年365日休みがないので、休日は分担すれば時間を有効に使える。また、主婦の病気の時に安心してまかせられるようだといいのですが。

◆女性 40代後半 パートタイム
男性がしたければしてもよいし、仕事に重点を置きたいならしなくてもよいと思う。ただ、老後のことを考えると、家庭の仕事にも少しずつ慣れておく必要があると思う。

◆女性 40代後半 専業主婦
今のところ、専業主婦ですので、あまりやってもらいたくない。わたしの仕事なので。でも食事の支度は、わたしが病気とか留守の時を考えると少ししてほしいと思うこともある。

◆女性、40代後半 パートタイム
老後、もし一人で生活して行かねばならなくなったとき、困らないように、今からでも遅くないから、どしどし料理や買い物などになれて、自活できるように心がけてほしいと思います。

◆女性 40代後半 専業主婦
妻が病気になったりした場合、ある程度の家事は出来た方がいいし、定年後、何もできないで粗大ゴミ扱いされるより、たまには料理を作ったりして喜ばれる方がいい。

◆女性 40代後半 パートタイム
とてもいいことだと思う。相手に対する思いやりがあれば、時間的・体力的に余裕があるものが家事をやるというのは当然。役割を夫・妻でわけてしまうと、将来夫が一人になったとき、自立できないと思う。

◆女性 40代後半 パートタイム
出来ないよりも出来た方が、もし一人暮らしになったとき良いと思う!

◆女性 40代後半 自営業
外国では男性も女性同様家事・育児をするので、日本の昔の考えは古いと思う。これから先年取って、妻が先に死に夫が残ることも考えられるので、子供に頼らず自分の回りのことぐらい自分で出来るようにしておいた方が良いと思う。仕事のストレス解消に、休日は夫も妻といっしょに台所に立ち、食事を作ったりできたらベストだと思う。

◆女性 40代後半 パートタイム
何があっても困らないように、普段から家事になれておくことが、これからの世の中は必要だと思います。

◆女性 40代後半 専業主婦
賛成です。万一病気したときは、男性が家事をして助けてほしい。また、子供と一緒にやっているのもほほえましいです。

◆女性 40代後半 フルタイム
男性と同じ内容の仕事をする女性が増えていることと、妻に先立たれたときの年老いた夫の自殺が多いと聞いている。常日頃から家事をしてると、自分のことは自分でできるので、良いと思う。

◆女性 40代後半 パートタイム
男性が家事をするということは、大変良いと思います。お互いに家族が協力し合うことで、話題も増え、より深くきずなができるのでは。これから先高齢化が進み、一人暮らしになったり、妻が病気・寝たきりになることが多くなるので、男性も自立できるようになっていかなければ困ると思います。


BACK HOME NEXT

Copyright (c) 1997, Group WithLib. All rights reserved.
This page written by TAKAHASHI, June.