WithLib produce

ウイズリブの会調査「男性の家事をどう見るか」・10

家族で話し合ってきめればよい


男性 25人  女性 14人


◆男性 30代前半 フルタイム
家事は、個人個人の家によって違うから、本人がそれでいいと思うのであれば、それでいいと思う。

◆男性 30代後半 フルタイム
自分の嗜好の問題と家庭の事情もあるのでわかりません。

◆男性 30代後半 フルタイム
あまり難しく考える必要はないと思う。男性と女性の役割分担はきちんとすべきだが、家事はその家庭のバランスの中でやっていけばよい。

◆男性 30代後半 フルタイム
やりたいと思う者はやればよい。家事とは範囲が広いと思う。男女の分担はあると思うし相手にまかせることも大事だと思う。

◆男性 30代後半 フルタイム
話し合いの上すべきでしょう。夫が仕事をして給与をもらうことも、家事の一つと思いますが?

◆男性 40代前半 フルタイム
互いに必要であるという判断であれば、良いと思う。夫婦間の役割分担をどうするかであり、役割分担に従いする。ただし、事情が変わればそれに則って変えたりすれば良いと思う。

◆男性 40代前半 フルタイム
それぞれの話あいでお互いの分担を決めれば、各家庭ごとにいろんなタイプがあり、それをどうこう言うことはできないと思う。

◆男性 40代前半 フルタイム
それぞれの夫婦の問題であり、画一的に判断する必要はない。私は、妻が家事をするべきだと考えているが、だからといって極めて保守的な考え方で物事を進めているわけではない。各人の価値観である。

◆男性 40代前半 フルタイム
生活のなかで様々な状況があると思う。生きていく上で家事をせねばならない時はやると思う。(現にやっている。)それぞれの家庭の都合で対処すべきである。

◆男性 40代前半 自由業
夫と妻の関係の中で、話し合いを持ちながら可能な範囲で分担を決めて実行すればよい。一律にこうあるべきだと決めつける必要はない。

◆男性 40代前半 自営業
その人それぞれで判断すればよいことだと思う。

◆男性 40代後半 自由業
家事をやりたい人、またはやる必要がある人はやればよいし、必要がない人はやらなくてよいと思う。男性も家事をすることが当然だという意見には抵抗を感じる。

◆男性 40代後半 フルタイム
夫が働き妻が専業主婦の場合、主として妻が家事をすることが自然と思うが、それでも夫婦の関係は、千差万別であり、単純に決められるものではない、したがってこのアンケートのように限られた質問で判断すべきことがらではない。

◆男性 40代後半 フルタイム
ケースバイケースである。浴室の掃除は今年4回やったし、部屋の掃除も何度かやった。町内の清掃には妻と二人で参加している。しかし仕事が忙しいときには、家庭は従となる。

◆男性 40代前半 フルタイム
「男性だから」とか「女性だから」とか決めつけるのは、おかしい。夫婦がお互いに認め合ったなかで、家事をすればいいと思います。支え合っていくのが夫婦だと思うし、相手を理解するよう努力していくのが望ましい。

◆男性 40代後半 自営業
個人の差で何ともいえません。

◆男性 40代後半 フルタイム
特に男女で区別する必要はない。夫婦で話し合って決めるべきことで、他人がとやかく言うことではない。専業主婦の家事は「ひとつの職業」だと思うので、夫の「会社勤め=勤務=仕事」などと同列に並べて考えるべきでしょう。だから「男性が家事をする」などといいう質問も奇妙だ。

◆男性 40代後半 フルタイム
男女同権の時代であるが、家庭状況によって異なり一概には言えない。専業主婦と共働きの考え方は、その家庭内において検討すべきである。ただ私としては、ある程度男性も家事を行うべきだと思う。

◆男性 30代後半 フルタイム
ケースバイケースで、必要とあればすることは当然。家庭のバランスを夫婦協力しあって守っていくのは当たり前。

◆男性 40代後半 フルタイム
経済状況や家族構成、家族環境による。

◆男性 40代後半 自由業
その折々により配分するのが望ましい。家庭内において、家族で助け合う姿勢が職場においてもプラスとなる。家事を楽しむことも今後の男性には必要である。将来第二の人生を歩む時などに必ずあらゆる面でプラスになると思う。健康面においても体力維持等に役立つと思える。

◆男性 40代後半 フルタイム
「男性だから」とか「女性だから」と、こだわる必要はない。それぞれの家庭の状況のなかで出来る人が行えば良い。私の場合は、妻が専業主婦であり、私が時間的に不規則なため、家事は妻がほとんど行っているが、そのことでトラブったことはない。妻が病気をしたり、実家に帰省したりすれば、家事は、私と娘で行う。

◆男性 40代後半 フルタイム
男性だとか女性だとかにこだわる必要はないと考えます。その時に誰が実地するかの問題ですから。

◆男性 40代後半 フルタイム
個人の自由であり、家族で話し合って決めれば良い。


◆女性 30代前半 専業主婦
いろいろな家庭の事情があるでしょうから、共働きの場合や奥さんの健康状態などによっても、必要に応じて男性が家事を受け持つこともいいと思います。専業主婦の私としては、家事は私の仕事、育児は二人の仕事と思っています。

◆女性 30代前半 内職
基本的には主婦の仕事だと思いますが、家庭の事情によっては、男性が家事をするのもかまわないと思います。

◆女性 30代前半 専業主婦
個々の家庭の必要性の問題ですから。

◆女性 30代前半 専業主婦
現在の夫の姿は昔とは違ってきていると思う。それぞれの家庭の夫婦の状況において、家事を手伝う夫がいても良いと思います。

◆女性 30代後半 自営業
上手に家事がこなせる人、もしくは好きな人は、分担をされればいいと考えます。男性が下手な家事をすることにより、こちらの仕事が増えたり、邪魔になったりする場合は、分担の必要なし。

◆女性 30代後半 専業主婦
夫婦が双方理解していれば、問題ないと思う。

◆女性 30代後半 専業主婦
する、しないは誰が決めることでもない。それぞれの家庭の事情が違うのだから、家族で決めれば良いと思う。男性が家事をすることは良いと思う。家事は男の仕事、女の仕事と決める方がおかしいのでは……!

◆女性 30代後半 専業主婦
夫婦間で話し合って合意したのであれば、男性、女性問わず家事はしてよいと思う。ただ、わが家は、主人が外で働いているので、主婦である私が家事全般をしている。

◆女性 30代後半 パートタイム
いいと思います。家庭によってスタイル・方針が違うと思います。夫婦及び子供達の話し合いにより、その家庭で決めてやっていけばいいと思います。

◆女性 30代後半 専業主婦
夫婦間で話し合って合意したのであれば、男性、女性問わず家事はしてよいと思う。ただ、わが家は、主人が外で働いているので、主婦である私が家事全般をしている。

◆女性 30代後半 専業主婦
夫婦が双方理解していれば、問題ないと思う。

◆女性 40代前半 専業主婦
女性が働いていたり、お年寄りがいたり、病気をしたりとか家事がひとりではできない場合があると思います。そういう時はもちろん男性が家事をすることは必要だと思う。しかし、男性も仕事上、帰りが遅かったり手伝ってやりたくてもできない場合があると思います。やはり、その家庭によって女性が家事をしてもよいし、男性がやってもよいし、ふたりで協力しあって家事をやっていくのもよいと思う。いろんな家庭があるように、家事をすることだっていろんなパターンがあってよいのではないでしょうか。

◆女性 40代前半 自営業
お互いが無理をして、文句を言いながらする家事はもってのほか……。理解し合いながらそれが一番二人のためとなるのなら一番良いと思う。

◆女性 40代前半 パートタイム
男性もできる範囲で家事をやって欲しい。充分に話し合って、納得した上での協力が望ましい。


BACK HOME NEXT

Copyright (c) 1997, Group WithLib. All rights reserved.
This page written by TAKAHASHI, June.