WithLib produce

ウイズリブの会調査「男性の家事をどう見るか」・14

生活者として家事をするのは当然


男性 8人  女性 24人


◆男性 30代後半 フルタイム
本来男性が当然やれること。現代社会では家事は電化文明の恩恵が多く、女性はそれによって少しでも解放されたらよい。

◆男性 40代前半 フルタイム
生きるために男性も家事を知っておくことは大切だと思うし、一寸することは奥様の手伝いにもなると思う。

◆男性 40代前半 フルタイム
家事は仕事という意識が強いためか、基本的に私の仕事とすることに、特に異論はありません。また、(夫婦)ともに仕事を持っていれば、それなりに応分であると思います。また、女性には、社会との関わりを持ってもらいたいとの気持ちから、パートでも、仕事を持ってもらいたいと思います、

◆男性 40代前半 フルタイム
家庭を持ったからには、家事に参加するのは義務であり、権利でもある。特に夫婦共働きなどをする場合など、当たり前である。自分に合った仕事(家事)を分担して行えばよい。

◆男性 40代後半 自営業
現在日本社会においても、一部欧米思考が容易に取り入れられるようになり、男女均等的な立場からも、私自身は嫌いでも、悪いとは思わない。

◆男性 40代後半 フルタイム
環境、条件によっては必要。両者の負荷が均等になるように、互いに協力する。

◆男性 40代後半 フルタイム
共働きの世帯では避けて通れないことだし、この質問は大人に対してはナンセンスだと思う。

◆ 男性 40代後半 フルタイム
男性も家事労働ができることこそ自立であり、男女平等の理解が体感できるのではないか?


◆女性 30代前半 専業主婦
当然のこと。しかし、今の日本の会社中心の生活下では時間が限られているので、できることを少しでもすることが大切。

◆女性 30代前半 フルタイム
晩婚化も進み、独身者も増える今、家事は自分が生きていく上で必要不可欠なもの。インスタント食品・コンビニエンスストアの普及・家電製品の流通など、家事の簡略化が進む今、自分の身の回りのことぐらい満足にできないのは、人間として(性別関係なく)恥ずかしいと思います。

◆女性 30代前半 自営業
自分が心地よく生活するためには、自分でするべきだと思う。それをフタンだと思うならば、フベンなまま生活するだけ。男性・女性、関係ないと思う。手が空いているものがしてよいと思う。

◆女性 30代前半 専業主婦
別に不思議なことではなく、一人の大人が生活する上で当然のこと。

◆女性 30代前半 自営業
男性の方でも家事を自主的にやる方は大いにやっていただいていいと思う。一つひとつの家庭で事情が違うので、男性の家事を一概に推進する方向には賛成できないが、男性一人ひとりが、家事について考えて、積極的に取り組んでくれるような時代が来ることを望みたい。 ◆女性 30代後半 フルタイム
「男性が家事を行う」ということについて、特別に問題になるほうがおかしいと思う。男性でも女性でも、当然、生活するために必要なことはおなじようにあるわけだ。それは、単身者も既婚者も同じであり、有職でも無職でも、やらねばならないことは同じである。そうなると、基本的には自分のことは自分で行うということになる。丸一日自分のことだけやれるのであれば、何の問題もないが、勤めに出たり、自営したりで、一日の大半を拘束されているものは、必然的に分担作業となるわけである。
 育児も家事も、必ずしなければならないことであり、避けて通れないことである。必ずどの家庭も分担して行っているであろう。夫が仕事で出来ないことを、妻が出来るのであれば当然するだろうし、妻が仕事で出来ないことは、当然夫が行うであろう。それは個々の家庭によって内容は異なってくるのだから、夫婦間で話し合って決めるべきことである。どこまでやるのか、誰がやるのか、いつやるのか、結局はケースバイケースということである。
 私としては、以上の見地から、この設問自体に疑問を感じている。一人前の社会人ならば、自分のことは自分で行い、なおかつ、自分たちの家庭は自分たちで守るのが当然のことなのだから。どちらかというと、重要なのは、社会的問題と思われる。残業や、休日出勤の問題、女性の昇進の問題などるを考えてゆくべきである。

◆女性 30代後半 専業主婦
男性も家事をどんどんすべきだ。家事は仕事でない。人間が生きていく上で必要なこと。家族でバランスを考え、助け合って男性も女性も子供もするべきだ。

◆女性 30代後半 フルタイム
基本的には自分のことは自分でするべきだと思う。妻だからと何もかも押しつけられることはないと思う。特にうちの場合は、自分が使うお金は自分で稼いでいるので、家事をするのは当然と思うが、時間がないこともあって現在は私が引き受けているが、そのぶん家計費の負担は、夫の方にかたよらせている。

◆女性 30代後半 フルタイム
家族の皆が協力して生活するものだから、配偶者でも、子供でも、男女を問わず自分ができることをして生活すれば良いと思う。忙しいときには、夫や子供に家事を手伝ってもらうし、妻が忙しくなければ、そのとき家事をこまめにすれば良いし、ケースバイケースで良いと思う。息子二人(小5、小2)だが、自立できるように一通りの家事のしつけはしようと考えている。

◆女性 30代後半 専業主婦
「好きこそものの上手なれ」で、家事が好きな人もいると思うので、男性だからといって家事をしてはおかしいとは思いません。お互いにできる時間は有効に使い、自分の時間をもてるようになりたい!

◆女性 30代後半 内職
現在、何らかの形で仕事をしている女性が多いので、男性が少しでも家事を手伝うのは当然で、夫だけ、仕事で疲れているので何もしたくないというのは通用しないと思う。女性も働いている場合は、同じく、疲れている。昔のように命をかける仕事(戦争など)ではなく、女性と同じような仕事をしているのだから、昔の男性のように「ご主人さま」というような自覚は望ましくないと思う。

◆女性 30代後半 専業主婦
私どもは、40歳代に入ろうとしている年代です。男性の考えも、昔ながらの考えの持ち主と、新しい考えの持ち主と、両方に分かれると思います。新しい考えの持ち主も、頭の中で、そうあってもおかしくない!と思っても、実行されるととまどう年代です。男性側が、そうだとわかっている以上、主婦である女性もなかなか口に出して実行するより、ウラで適当に家事・育児を自分なりの責任でしていた方が、もめ事もなくスムーズに行えることを知っているような気がします。ですから、頼むこともうまくなって、全然関わらないのではなく、男性にも適度に参加してもらっているような気がします。この年代は、すべてとは言いませんが、若い方の交替制や、半分ということはできない年代ではないでしょうか?でも、男の子の子供さんには、家事に対し、自然にふれあえるような環境作りは十分だと思います。

◆女性、40代前半 パートタイム
家庭は男女ともに安らぐ場所であるわけで、あまり細かく家事の分担を決めたり、絶対的な約束ごとは作らない方が良いと思います。でも、男だから外で働いているからといって家事・育児を女性だけにさせるというのは、もう古すぎます。もっと自然に家庭の中のもろもろのことに対してわかってもらって動くべきと思います。

◆女性、40代前半 専業主婦
家事を協力し合うことはとても主婦にとってありがたいことだと思います。

◆女性、40前半 パートタイム
男性が外で働き、女性が家のうちを守ると言う構図が崩れ、今は女性も社会と深く関わって生活する時代。経済的理由で二人の協力が必要になって、やっと「男性にも家事を」といえるようになったと思う。若い頃育児と家事で疲れていたときにも、協力を申し出てはいたが、協力どころか論争になっていた。今ではお互い中年になり、体力的にも、協力はお互いの必要になってきた。子どもには家事は当然の分担すべき事柄として、平等を幼少時より教えてきた。

◆女性 40代前半 専業主婦
家事は必ずしも女性の仕事とは思わない。限りなくある家事を女性だけの仕事ときめつけないで、おおいに男性にも参加してもらいたいと思う。家族が快適な生活を送るためにも……。

◆女性 40代前半 フルタイム
男性が家事をすることをどう考えますかという質問などがすでに時代遅れと考えます。男性、女性とか区別せず、今日できる時間のある人、今時間のある人がすればよいのです。何もむずかしいことはないのですから。

◆女性 40代前半 専業主婦
男性の家事は自立の一歩。できないのは一人前と言えない。女性の負担を当たり前と思う男性は認めない。

◆女性、40代前半 自営業
男性が家事をすることは、大変いいことだと思います。これからはそれが当たり前になっていってほしいです。知人の外国人夫婦を見ていると、家事も育児も2人でしています。うらやましく思います。自分のためにも、男性は家事をできなければならないと思います。

◆女性 40代前半 専業主婦
男性とか女性とかではなく、一人の自立した人間として、基本的な家事は身につけておくべきだと思います。その為にも母親としての女性が教えていける環境を作りたいです。常に共同でしなければいけないということではなく、必要に応じて作業できるのがよいのではないかと思います。

◆女性 40代後半 パートタイム
男性自身のためにも、必要だと思います。

◆女性 40代後半 専業主婦
男性だから家事ができないではなく、自分のことは最低できるのが困らないのでよいと思う。育児に関しては、協力して当然と思う。

◆女性 40代後半 自由業
当たり前。家事のひとつもできない(しない)男は最低。

◆女性 40代後半 フルタイム
男性も生活をしているのだから、家事を分担するのは当然である。家事に関わらず、生活者としても男も女も自立するべきである。その上で助け合い、思いあって、生活を築いていくのが望ましいと思う。


BACK HOME NEXT

Copyright (c) 1997, Group WithLib. All rights reserved.
This page written by TAKAHASHI, June.