活動紹介

活動紹介


ふくしま女性フォーラム
〒960-1296
福島県 福島市金谷川1
福島大学行政政策学類
高橋研究室気付(臨時事務局)

tel 024-548-8270
fax -

wff-web@myriel.jp


■こんなこと、やってます 〜活動計画と活動報告〜

1996年度

【基本計画】
1996.3.3 設立総会
パネルディスカッション「世界の女性・福島の女性 NGOフォーラムからの出発」

1996.5.11 第1回学習会 「『女性差別撤廃条約』ってどんなもの? 〜『法の下の平等』の視点から」
1996.6.29 【イベント】 女性とインターネット・講演会と体験デモンストレーション
1996.7.13 第2回学習会 「わたしたちの想いを行動に移すには」
1996.9.14 第3回学習会 「世界の女性が手をつなぐ」
1996.11.9 第4回学習会 「男の子・女の子はつくられる」
1997.1.11 第5回学習会 「ベトナムの暮らしと街づくり」
1997.3.8 第6回学習会 「農村の女性」

 

1997年度

【基本計画】
1997.5.10 第2回定期総会 記念講演
「アジアの経済発展と女性の人権 〜私たちとのつながりの中で〜」

1997.7 第1回学習会 「福島県女性総合センター基本計画について聞く」
1997.9.27 第2回学習会 「遺産は誰に?」
1997.11.8 第3回学習会 「地方分権とわたしたちのくらし」
1998.1 第4回学習会 「メディアの中の半世紀〜放送現場の女性〜」
1998.3.14 第5回学習会 「女の子男の子はつくられる・Part 2」

【分科会】
1997年度から、少人数による分科会活動を開始しました。97年度に活動を開始した分科会は、2つ、「『ふくしま女たちの便利帳』を作る」と「タウンウォッチング研究会」分科会です。
→「タウンウォッチング研究会」活動結果報告書
→『ふくしま女たちの便利帳』

【企画・イベント】
(1)立法機関の現実を探る
わたしたちの生活基盤である地域を動かしているのは誰なのか、そしてどんなことが行われているのかを知るために、県議会や市町村の議会などを傍聴します。
→はじめての議会探訪―住民による議会ウォッチングリポート―
(2)国際女性の地位協会フォーラム事業協力
10月18日に会津若松市で開催される国際女性の地位協会フォーラムの事業開催に協力します。(基調講演・赤松良子さん)

【メーリングリスト開設】
WFFの会員を対象としたメーリングリストを開設 wff-sq-request@myriel.jp

 

1998年度

【基本計画】
1998.5.16 第3回定期総会 記念イベント
映画監督・羽田澄子さんの講演と作品上映会

1998.7.10 第1回学習会 「女性はどのような経済政策を望むのか」
1998.8.9 【分科会】「女性学・ジェンダー研究フォーラムワークショップ参加」
1998.9.12 第2回学習会 「男女の働き方を見直そう」
1998.11 第3回学習会 「男女共同参画推進のためのセンター機能について」
1999.1.9 第4回学習会 「セクシュアル・ハラスメントについて考える」
1999.3.6 第5回学習会 「いーぶんトーク あなたにとって自立とは」

【分科会】
(1)「女性センターについて考える」
 第3回学習会と連動しながら、2000年度にオープン予定の、福島県女性総合センターについて考えます。先行する全国の女性センターの現状を調査分析しながら、センターのソフト面について、行政機関に働きかけることをめざします。
→提案の原文
(2)「議会傍聴リポート作成」
 昨年度も何人かの会員で行ないました。今年は各地で開かれる市町村議会、県議会を、できるだけ広く傍聴することをめざします。
(3)「女性学・ジェンダー研究フォーラムワークショップ参加」
 国立婦人教育会館では、毎年夏に、女性学・ジェンダー研究フォーラムを開催しています。まだ福島県からは、ワークショップ参加がなかったということなので、今年はふくしま女性フォーラムが参加してみることにしたいと思います(註:98年度は福島県からはほかにも「磐青の会」が参加)。昨年度分科会のタウンウォッチング研究会の成果をここで全国に向けて発表したいと考えています。

 

1999年度

【基本計画】
1999.5.15 第4回定期総会 パネルディスカッション
「こんな男となら生きてみたい〜男女平等を担う条件とは〜」

1999.6.5  【イベント】 川内村の地域文化を考える集い
1999.7.10 第1回学習会 「県議会のシステムを知る〜1998年度議会傍聴を生かして」
1999.7.29 【分科会】 「男女共学を考える公開討論会」
1999.9.25 第2回学習会 「男女共同参画地域づくりフォーラム」(飯館村)
1999.12..5 第3回学習会 「三春の人づくり・まちづくりフォーラムージェンダー・フリーの視点からー」
1999.12.27 【分科会】 「県立高校共学化を考える分科会」
2000.2.27 第4回学習会 「各政党代表者から重要政策を聞く」

【分科会】
福島県の県立高校共学化取り組み進度について各校の回答への分科会見解
→ふくしま女性フォーラム・1999年度 県立高校の共学化を考える分科会報告書
1999年度、文部省の女性エンパワーメントのための男女共同参画学習促進事業の助成を得て、アンケート調査と出前調査を実施した。
→地域とジェンダー

 

2000年度

【基本計画】
2000.5.20 第5回定期総会 記念講演
「ドメスティック・バイオレンスを考える」

学習会からプロジェクト・チーム方式への移行 学ぶから発信へ
@ D.V.プロジェクト
A 男女共学プロジェクト
B 男女共同参画社会県条例プロジェクト
C 職場とジェンダープロジェクト
2000.8.27 福島の暑い夏を語る
2001.1.20 未来館フェスティバルワークショップ報告 プロジェクトチームの報告
2001.2.10 21世紀新年トーク
◆県への提言 長期計画への提言 育児休業は家族の問題=男女別の目標をいれさせる。
◆県への提言 教育への提言 男女平等モデル校のありかた

 

2001年度

【基本計画】
2001.5.20 第6回定期総会
「男女共同参画実現への課題 政策過程におけるジェンダーの主流化」

2001.8.20 「地域における企業の男女共同参画実態調査」 福島県地域づくりサポート事業の補助金を得て実施
2001.8.26 【ジェンダー・フリーな職場とはプロジェクト】 スウェーデン調査
2002.1.25 夫婦別姓に関する学習会
2002.1.19〜20 福島県男女共生センター「未来館フェスティバル」でワークショップ
2002.2.23「夫婦の姓を考えるシンポジウムー男女の姓と生き方を考える」
◆県への提言 研修のありかた 男女共同参画研修に男性を参加させる必要
◆県への提言 福島県男女共同参画推進条例(仮称)制定に関して

 

2002年度

【基本計画】
2002.5.12 第7回定期総会
「男女共同参画推進に関する条例について」

2002.7.28 出前講座 in いわき
2002.8.20 【企業調査プロジェクト】 「地域における企業の男女共同参画実態調査」中間報告
2002.10.12 出前講座 in あいづ 「平等、開発、平和〜より豊かな生き方を求めて」
【DVプロジェクト】「DV相談窓口を紹介する携帯カード」設置活動
◆県への提言 研修のありかた 男女共同参画研修に男性を参加させる必要

 

2003年度

【基本計画】
2003.5.11 第8回定期総会
「政治をわたしたちの手に取り戻すためにー地方選挙と男女共同参画ー」

2003.5.11 【企業調査プロジェクト】『企業とジェンダー』
2003.7.12 第1回勉強会 最近の景気動向と雇用を巡る動き
2003.8.3 第2回勉強会 『企業とジェンダー』を読む
2003.8.23〜24 わいわい市民政治@ふくしま夏期講座へ参加
2003.9.14 第3回勉強会 年金制度改革とサーベイ
2003.10.25 DV(ドメスティック・バイオレンス)最前線 〜米マサセチューセッツ洲の取組みから〜
※福島DV研究会との共催
2003.10 【DVプロジェクト】「未来館チャレンジ公募実践事業」として『デートDV −10代のあなたに贈るDV読本』を作成
2003.11.1 わいわい井戸端会議 男女共同参画の視点で町内会を考えよう!
2003.11.22 出前講座 in 保原町 「年金制度改革を考える」
2004.3.6 福島県男女共生センター“未来館フェスティバル” 「地方自治と町内会 in 二本松」

 

2004年度

【基本計画】
2004.5.11 第9回定期総会
「ここまできた?福島県における男女共同参画」

2004.4.24 出前講座 in あいづ 「世界からの風を受けて -国連からの宿題」
2004.9.26 『地域企業と男女共同参画—事業者が対応すべき少子化対策諸事業について—』
2004.11.5 学習会「次世代育成支援対策推進法に基づく自治体における行動計画」
「連合福島政治政策フォーラムの次世代育成支援に関する取り組みについて〜次世代育成推進法に基づく一般事業主行動計画〜」

2004.12.11 「少子化対策の視点から、育児休業制度の円滑な促進と次世代育成支援対策推進法の効果的な取り組みについて考える」
※未来館チャレンジ公募実践事業

 

2005年度

【基本計画】
2004.5.22 第10回定期総会
「ジェンダー教育をめぐる大討論大会」

 

トップへ戻る ^